smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
profile
AMAZON
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

大学2年で社長になるということ

評価:
星野 希
ダイヤモンド社
¥ 1,365
(2007-12-14)
Amazonおすすめ度:
大学2年から大学卒業までの2年間だけと期間限定で会社を経営された星野さんの著書です。会社を作られた経緯からどのようにして自分達の特徴を出していったのか、仕事をして学んだことなど2年間で学んだこと、気づかれたことがあふれていました。また学生という立場でありながら会社経営者として企業の方々と仕事をされていたことから学生と社会人の溝についての意見がとても参考になりました。
また、大学生というある意味なんでも許される、挑戦できる特権的な期間を有効に使わなければと思います。

JUGEMテーマ:本の紹介


at 02:51, サトシ, 投資・金融・会社経営

comments(0), trackbacks(0), pookmark

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)

若干25の女性社会起業家の号泣戦記。
情熱大陸でも取り上げられた途上国発ブランドであるマザーハウスを経営されている山口絵理子さんのいままでの歩みが綴られている一冊です。
私はこの本から生きる力、バイタリティーを頂きました。
山口さんは自分の意思をしっかりと持ち人生を謳歌されている方で、自分もそのように生きていきたいなぁと思いました。自分が実現したい社会がしっかりとあり、多くのハードルに悩みながらもまっすぐに走られていてとてもよい刺激になるとおもいます。
自分のしたいこと、志、、夢、目標をしっかりと決めることの大切さ。決めたことに対してくじけることなくとにかく一歩ずつでも進むことを教わりました。あきらめたらそれで終わりですよね

at 17:26, サトシ, 投資・金融・会社経営

comments(0), trackbacks(0), pookmark