smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
profile
AMAZON
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本

便利さや物の豊富さでは日本はトップクラスであり、外国への憧れも持たなくなった。そういった日本の様子を著者は「パラダイス鎖国」と呼ぶ。


僕自身、昔日本でよく言われていたような海外への憧れは薄いように思う。昔とは違い、インフラが整い、安全・安心である上、経済規模もある日本からわざわざ外国へ出なくてもという思いはある。まさにパラダイス鎖国な考え方をしていた。
日本がこのようになってきた仕組みがよく分析されいて面白い。
日本企業ってなんで海外にもっと出てかないんだろう?
なんで寄ってたかってみんながすることをするんだろう?
と何となく思っていたことの深層を知ることが出来た。また一方的な日本批判とかではなくとても読みやすかった。

at 00:56, サトシ, 新書

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ケータイ小説がウケる理由 [マイコミ新書]

評価:
吉田 悟美一
毎日コミュニケーションズ
¥ 819
(2008-02-20)
Amazonおすすめ度:
ケータイ小説が元になった映画、漫画が大ヒットしている
一方で稚拙、修辞法が間違ってるなど否定的な意見がある
作者は、ケータイ小説を"小説"と分けて感がえるべきだと述べている
ケータイ小説はあくまでケータイで読むことが前提となっており
ケータイで読みやすいような形式がとられている。
また、つまみ食いしたくなるような、スナック的な読み物
が選ばれる
など、
単に今までの文化や書籍のあり方から観ているだけではなく
よく分析されていると感じた。

ふと、昔ケータイのメーリス配信をやっていたことを思い出した。

at 11:44, サトシ, 新書

comments(0), trackbacks(0), pookmark